モグラの目は見えないのは退化が原因!嗅覚を利用してエサを探す

モグラ

モグラって目が見えないってほんと?

地方ドラックストアの店長をしていますNaminoです!

ドラックストアには薬や日用品意外にも防虫グッズや害獣対策商品も多数取り扱っており、先日私が働くドラックストアで実際にこんな質問がありました。

「モグラって目がなさそうだけど、どうやってエサを探してるの?」

ちなみにモグラの顔はこんな感じです。

引用:マイナビ農業

大きな鉤爪や尖った鼻が特徴的ですが、目はたしかになさそうですね。

お尋ねになったお客様はお庭にモグラが出没して育てている農作物を食い荒らされてお困りのようでした。

目が見えないのを利用してなにか対策はできないかな?とドラックストアに商品をお求めになられてこられたのです。

  • モグラって目が見えないの?
  • 目はそもそもあるの?機能してるの?
  • エサはどうやって探してるの?
  • モグラが家に来ないようにするにはどうすればいいの?

モグラの目はどうなってるのという回答からモグラを家に寄せ付けなくする方法まで、モグラの生態から対策まですべてお答えさせていただきます!

お家がモグラ被害に遭ってる方にも読んでいただきたい記事になっています。

モグラの目は退化していて見えない!なぜモグラの目は見えないの?

モグラの目は結論から言うと見えません。ただし、目は見えないだけでモグラの目はあります。

人間と同じように眼窩という目の窪みの中に目玉が入っており、目を動かす筋肉も同様に備わっています。

ではなぜ、モグラは目が見えないと思われているのでしょうか?その理由を深掘りしていこうと思います。

理由①目がないように見えるから

冒頭の画像をもう一度ご覧ください。モグラの目は毛で覆われており、ないように思われます。

この記事を読まれている方の中にもモグラの目はそもそもないと思われている方もいるのではないでしょうか?

実際にはモグラの目はありますが機能していないのが事実です。

理由②地中にずっといるから

モグラは基本的には地中の中で過ごしており、地中の中=光が届かない故に目が見えなくても事実生きていけます。

モグラは光に弱くない。というより、ほとんど光を感じることができません。

また、モグラに光を当てても反応するような行動は観察できません。

【モグラのサングラスは嘘だった?】

イラストなどでサングラスをかけたモグラを目にすることがありますが、あれはモグラが光に弱いというイメージからきてるものだったのです。

光を当てても反応がないということはサングラスをつけていても関係ありませんからね。

また目が見えず、光も感知できないモグラがどのようにエサを探しているかは追って解説させていただきます。

理由③目を使ってエサを探していないから

モグラがエサを探しているシーンを少し想像してみてください。

鼻をピクピクさせてエサを探しているのがイメージできませんか?

実はモグラは目が見えない反面で、嗅覚が非常に優れています。読者の方が想像された通り、モグラがエサを探す際には、嗅覚を使って獲物を探しているのです。

さらにその嗅覚は人間の10倍以上効くと言われており、ニオイを立体的に捉えることで物体との距離なども測ることができます。

モグラの鼻を片方塞ぐと物体との距離感が掴めず意図した場所にたどり着けないそうです。

以上のようにモグラは実際に目があるものの、目が機能しているわけではなく、他の感覚器官が非常に優れていることがわかりました。

では次にそんなモグラがどのようにエサを探すのかについて詳しく解説していきます。

モグラ被害に遭ってる方は必見です!

モグラは嗅覚を使ってエサを探す!モグラの驚きの食事シーン

モグラは目が見えない代わりに嗅覚が非常に優れています。また嗅覚だけでなく、驚きの方法を使ってエサを探しているのです。

モグラがどのようにエサを取るのかを知ることで、罠を仕掛けやすくなったり、家に近づけにくくしたりすることができるので、しっかり確認しておきましょう!

食事①嗅覚を使って

モグラの鼻の先にはアイマー器官という器官がついており、そのアイマー器官を使って獲物を探しているのです。

モグラやヒミズの鼻先にある感覚受容器。高密度な神経終末を持つ突起群が花弁状に並び、触覚刺激を敏感に感知する。

引用:コトバンク「アイマー器官」より

つまりモグラの鼻先にはすごく敏感な触角がついており、それを使って獲物の細かな振動を察知することでエサを探しているのです。

さらにモグラは哺乳類の中で唯一水中で臭いを嗅ぐことができ、触覚だけでなく嗅覚を使ってエサを感知しています。

食事②聴覚を使って

モグラは冒頭の画像を見ていただいてわかる通り、耳がないように見えますが、実は耳たぶがないだけで耳自体は存在します。

その耳から伝わる音を利用して獲物を探すのですが、なんと地中を這うミミズの音が聞こえるのだそうです。

地上を歩く大型動物の音も聞き取るなど、期限から逃げるためにも聴覚が発達したようです。

モグラの鼓膜はモグラの頭と比較して1/3ほどあり、かなり大きいところからもモグラは周囲の音を敏感にキャッチしていることがわかります。

食事③触覚を使って

一見可愛らしいイメージがついているモグラですが非常に鋭利な爪を持っています。

画像引用:モグラの身体検査より

嗅覚、聴覚を利用してエサを見つけたところで、この非常に鋭利に尖った爪で獲物引き裂いて食べるのです。

この爪が原因となって、あなたのお家の農産物が荒らされています。

以上3つのモグラの特性を生かして、モグラの目が機能していないものの食事をしていることがわかりました。

最後にそのモグラの撃退方法を解説していきます。

モグラの特性を活かした撃退法なので効果も絶対です!

モグラの特性を活かした撃退法!本能的にモグラが嫌がる対策をご紹介

モグラは目が見えない分、嗅覚や聴覚だけでなく触覚まで使って獲物を探していることを解説しました。

知られざるモグラの特性がある一方で、モグラ被害に悩まされている人も多いのではないでしょうか?

  • 農作物がモグラに荒らされる
  • モグラ塚が庭にできて見栄えが悪い
  • 家中が穴だらけになってる…

モグラ塚というのはモグラの通り道にできるボコボコっと土が盛り上がった状態のことです。

モグラの被害はこのモグラ塚や農産物の被害だけでなく、モグラが掘った穴を通って家の壁を食べるシロアリやネズミなどが家の中に入ることによる家屋の被害もあります。

度合にもよりますが家が傾いた時の修繕費用は以下の通りです。

・鋼管圧入工法:400〜500万

・耐圧版工法律:200〜400万

・土台上げ工法:200〜400万

参考:リフォーム会社紹介HP

このような被害を食い止めるためにも、モグラの特性を利用して撃退しましょう!

撃退法①ニオイで追い払う

説明した通り、モグラの嗅覚は非常に敏感です。

その嗅覚を逆手にとってモグラが嫌がるニオイを発する忌避剤をモグラ塚やモグラの通り道に置いておくのです。

ドラックストアやホームセンターでも簡単に手に入りますが、こちらではどんなご家庭にも必ずある物で撃退法を解説しているので、合わせて読んで見てください。

>>>正露丸を使ったモグラ撃退法

撃退法②振動で追い払う

モグラは地面を這うミミズや大型動物の動きすらも地中にいながら感知できるほど振動に対して敏感です。

そこでモグラ退治に有効なのはモグラが嫌がる振動を与えることです。

こちらは音波振動を地中に発する撃退グッズです。

  • ご近所さんに迷惑をかけず
  • 臭いや音もでない
  • 農作物に安全、安心に

モグラを寄せ付けないようにするには最適の撃退アイテムです。

「1週間後、畑へ行くと新しいモグラ塚やトンネルが見当たりませんでした。畑の外から侵入するようなトンネルがあったので、しっかりと踏みつぶしました。そしてさらに1週間が、確認してみると畑の外からの侵入もなくなっていました。」

「3日過ぎた頃から出没しなくなりました。設置開始してから1か月以上経ちますが、被害はでておりません。」

引用:モグラ撃退機「モグラン」より

こちらの記事で音波振動でモグラを退治する「モグラン」の使い方を紹介しているので、合わせてご覧ください。

>>>安心安全かつ簡単にモグラを退治する

撃退法③専門家に頼む

自分でモグラを撃退するよりも費用がかかってしまうのですが、やっぱりプロにお願いするのが一番です。

ちなみに素人がモグラを許可なく捕獲した場合、処罰の対象になることをご存じでしょうか?

【鳥獣保護管理法】

モグラを無許可で捕獲すると鳥獣捕獲法に基づき、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金が科せられる。

参考:環境省「鳥獣保護の概要」より

鳥獣保護管理法によりモグラを罠をしかけて捕獲したり、餌に毒を混ぜたりしてモグラを殺してしまうことは処罰の対象になってしまうのです。

そのため無闇に素人が手を出すのではなく、ここはプロにお願いしてみてはいかがでしょうか?

モグラ退治をプロにおねがいする。

安心安全に、そして確実に駆除してくれるのはもちろん、再びモグラが現れないように予防までしてくれる業者を紹介させていただきます。

モグラの目は見えません!嗅覚や聴覚を使って生活する生き物でした

モグラの目は見えません。

その代わりとして嗅覚や聴覚を使って生活する生き物です。

もしあなたのお家で見つけた時は、適切な対策を講じてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました